プライベート

今回は武川英子が担当します

信州大鹿村の農業支援プロジェクト「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」
DSCN2353.jpg
<土の匂い> 「フランスの最も美しい村」にならって日本にも「最も美しい村連合」があるのをご存知でしょうか。その一つ信州大鹿村にある旅舎 右馬允(りょしゃ うまのじょう)に毎夏行っています。 007%20%286%29.jpg
<ただいま・・・>
今年も花火大会が行われる8月14日から3泊しました。右馬允の38代目のオーナー前島正介さんのお嬢さん久美さんが、大鹿村で規格外や人手不足のため収獲されない「もったいない農産物」を、
会員を募って送るプロジェクトを今年5月より始めました。私達も早速申込み、田舎の家から
送られてくるような温かみを感じるおいしく新鮮な野菜を堪能していました。
今回大鹿村を訪れるにあたり、生産者の方にお目にかかって野菜の収穫のお手伝いをできたらと
久美さんにお願いしたところ快諾してくださいました。
 最初に紙谷さんを訪ねました。紙谷さんは代々伝承された農法でお米作りをしているそうです。
また大鹿村最後の養蚕もされています。蚕自身がマスに入って繭になるそうで、その様子を見せていただき驚きました
019%20%285%29.jpg
紙谷さんは83才とは思えないきびきびした物腰で、あっという間にダンボールいっぱいのじゃがいもを掘り起こしてくださいました
027%20%282%29.jpg
<お蚕の糞を肥料にしているそうで良い匂いの土です>
私達はお手伝いするどころか出る幕なしです。他にも大きなオクラ、(花がきれい!)
029%20%282%29.jpg
かぼちゃ、なす、モロッコいんげん、トマト、ピーマンなどよく育った野菜を一緒に収獲させていただきました私達は紙谷さんのお人柄と、興味深いお話にすっかり魅了されてしまいました。
いつまでもお元気でと祈らずにはいられません。
DSCN2365.jpg
<紙谷さん 素敵です>
 2軒目は小平さん宅に伺いました。斜面に数種類のブルーベリーを植えています。ブルーベリーの
最盛期は7月とのことで、遅く成る品種の摘み取り体験をさせていただきましたが、1キロ採るのは
大変!と実感しました。自家用というきゅうりやキャベツも収獲させてくださり、充実したひと時を
過ごしました小平さんと奥様のやさしい笑顔も印象に残りました。。
DSCN2237_1.JPG
<小平さん お世話になりました>
生産者の方と会ったことは、ほんとうに楽しかったです。生産者の方の顔が思い浮かぶことで、これから送られてくる野菜がさらに楽しみになりました。
DSCN2232_1.JPG
<沢山のとうもろこしを下さった濱中さん>
DSCN2348.jpg
 <伺へなかった近藤さんへも感謝!>
「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」問い合わせ先
右馬允 前島久美 TEL 0265-39-2037 FAX 0265-39-2133
E-MAIL kumi.maejima@gmail.com

お知らせ

二回目の・・・

誠に申し訳ございませんが8月14日から8月18日まで夏休みをいただきます
お不便をおかけいたしますが どうぞ お赦しくださいませ
DH000004.JPG
<信州 大鹿村>