プライベート

まだまだ元気

釜トンネル前のゲートで登山届を提出して いよいよ出発

旧釜トンネルの時は暗く狭いうえに路面は凍結していて「いよいよ雪山に入るぞ」

と云う気構えが出てきたものでしたが 新しいトンネルは車の走っていないだけの

只の道路で歩きやすいのですが 冬の上高地への はいり口といった風情が

なくなってしまい わがままな登山者の郷愁なのですが・・・

歩いている間ずっと違和感がありました

トンネルを抜けると・・・

(トンネルをぬけると・・・)

焼岳と化粧柳

大正池

 

「大正池と焼岳」

プライベート

気分は上々

乗鞍岳

(白銀は招くよ・・・トニー・ザイラー)

翌朝は快晴!たっぷりの朝食とお言葉に甘えて淹れたてのコーヒーをいただいてから

出発です 斎藤さん ありがとうございました

ゲートまでの道中 乗鞍の雄姿や美しい峰々に見とれ テンションは上がる一方です

ゲート前にて入山準備

(ゲート前で入山準備  テロリストの様?)

釜トンネル入り口

(釜トンネル入り口 いざ突入!)

 

プライベート

ぬくぬく・・・

風情のある雪景色の露天風呂にじっくりと浸かって

心身共ふにゃふにゃ状態でこたつに入り お茶と餅菓子で小腹しのぎ

京都で買った かま餅をいただきました(昼まで京都におりました・・)

昨秋京都に行ったおり タクシーの運転手に案内していただいて大好きになった

大黒屋鎌餅本舗の御鎌餅 やわらかで肌理のこまかい真っ白な餅で

上品な漉し餡を鎌の形にくるんでいる それはそれは おいしい餅菓子なのです

写真は食い気にはやり構図も何もなくなってしまっていますが 経木に包まれた姿

といい包み紙のデザインといい 町の人が普段から使っていたのだろうなぁ・・・

と思わせる温かみを感じました

 

 

 

創業400年 京都 大黒屋の鎌餅

 

                  (セロテープは付いたままだし・・・包み紙はしわしわ・・・)

一つづつ 経木に包まれています

             (移動中 つぶれてしまいましたが もっとすっきりと鎌の形です)

             「大黒屋鎌餅本舗」〒602-0803京都市上京区寺町通今出川

             上ル4丁目西入ル阿弥陀寺前町25 電話075-231-1495 

プライベート

白骨温泉

この日の宿は「山水館湯川荘」私たちのお気に入りの旅館です

斎藤ご夫妻の心のこもったおもてなしと気持ちの良いお湯にひかれて

お世話になっています

P1040009.JPG

                                   (湯川荘への専用のつり橋)

プライベート

初詣

昨年秋の終わり頃 山仲間から正月は「上高地の穂高神社に初詣をして

徳沢のテント場で鴨鍋の新年会をやろう」と誘いを受け 1月3日に松本駅で

待ち合わせた後 白骨温泉へ向かいました

静寂の白骨温泉

                                        (静寂の白骨温泉)

お知らせ

志・・・

昨日の寒さには参りました

どうしてもの用事以外は家にいるぞと 決め(誰も何も言いませんが)

午前中 日吉で週1のレッスンのあとは家で風呂掃除 アイロン掛けをすませて

いただいた大量のじゃがいも(きたあかり・男爵・メークイーン)が

芽を出し始めてしまったので 肉じゃがを作りました 

夕食に 昨年購入した「かまどさん」で玄米を初めて炊くことにしていたので

玄米には 切干大根 ひじきの煮物 肉じゃが 焼き魚でしょう!と

云うことで これまたいただき物の五島列島の干物2種の解凍準備と玄米を水に浸して

防寒フル装備 ブレスサーモのTシャツ カシミヤTシャツ とっくりセーターにもこもこ

ダウンベスト 下はブレスサーモのタイツに分厚い山用ウールソックスにジーンズ

ムートンの帽子と手袋で代官山の整体に出かけました

3週間ぶりに身体中を緩めていただいたおかげですべての細胞がシュンシュンと

活動し始めまたせいか まったく寒さを感じず帰宅しました

それにしても前回の ブログの更新が「年頭の誓い」とは・・・・

とほほ的 志の低さに 情けないやら 恥ずかしい・・・やら・・・ 

お知らせ

今年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になり ありがとうございました。

本年も どうぞよろしくお願いいたします。

・・・ずぼらな性格もここまできたか・・・もう松もとれると云うのに今頃新年のご挨拶・・・

申し訳ございません 

今年こそ もう少しまめに更新してまいります (年頭の誓い)