お知らせ

謹賀新年

006 (7).jpg

明けましておめでとうございます。

旧年中は、大変お世話になりありがとうございました。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

未分類

心より感謝申し上げます

11月2日はFavoriteの21回目の誕生日でした

お客様への感謝の気持ちをこめて 今年もパーティーを開きました

大勢のお客様にいらしていただけて 感謝!感激!

ゲストの方々には 楽しんでいただけたでしょうか?

また ご都合が合わず お越しいただけなかった方々へ感謝の気持ちを込めて 

「いつも いらしてくださって心より感謝申し上げます これからも 皆様に心から満足していただける

居心地のよい店を創るため精進いたします どうぞよろしくお願いいたします」

P1000562.JPG

店内は オープン以来Favoriteのポストカードの写真をお願いしている フォトグラファー林 雅之さんの

山をテーマにした作品を ご本人のセレクトで展示しました

従来の山岳写真は 三脚を設置し(しばしば登山ルートから外れて)シャッターチャンスを待って撮るものが

殆どですが 林さんは本当に山を登りながら登山道から見える景色を 長年使っている

ROLLEIFLEXで撮影します 急登にあえぎながら登っている時でも ポイントを見つけると ビシッと

息を整えてシャッターを押します 「あんなにバテているのに なんで???」と驚いたり 呆れたり

「ここを越えた先に 何が見えるのか・・・それを見たくて登っている」と彼は云います まさにライブ撮影

来年1月までFavoriteで展示しています どうぞ ゆっくりとご覧ください

P1000565.JPG 

 <ル・ベスベのオールドローズ アレンジメント>

今回のパーティーのテーマは 「イタリアン バール」

恵比寿のアンティコカフェ アル・アビス に特別にデリバリーをお願いして

いわしのマリネ ラタトゥイユ 生ハム盛り合わせ ライスコロッケ パニーニなど バールメニューの

定番を Bioのスプマンテ・赤・白ワインと共に召し上がっていただきました

P1000579.JPG

P1000582.JPG

<飲んで食べて語って笑って・・・このパーティーをするためにFavoriteは あるのかもしれません>

私にとって最高に幸せな夜でした みなさん本当にありがとうございました 

 

 

 

 

 

プライベート

秋のアルプス

山仲間の増田君が昨日から山に入りました

上高地→横尾(幕営)

横尾→涸沢→北穂高岳(北穂高岳山荘泊)

山荘→南岳→西岳→槍ヶ岳(幕営)

槍ヶ岳→槍沢→上高地 のルートです 今日は北穂まで向かうようで先程涸沢の写真が送られてきました

紅葉真っ盛りの景色をどうぞ

増田 涸沢.JPG

<10月13日9:23am>

素晴らしい秋晴れ 今頃は北穂の小屋でコーヒーでも飲んでいるのでしょうか

明日は北アルプス3大キレットのひとつ<大キレット>の下りです

気をつけて 通過してくださいね

プライベート

笑う栗

八月下旬に大鹿村の右馬允から「庭の山栗が笑い始めました」と 便りをいただきました

猛烈な暑さの街で「そうか・・そうか・・大鹿はもう秋が訪れているのだなぁ・・」と

のんびり過ごした大鹿村に想いを馳せました

農家の方々との野菜の収穫 古備前の窯元で気に入ったお皿を購入 生まれて初めての小麦の脱穀

ほんとうに楽しかった夏・・・

その笑っていた栗が先日送られてまいりました

栗1.jpg

小さなかわいい山栗 しばらく飾って ながめていましたが

やはり焼き栗が一番でしょう!で いただきました 山の香り 里の空気 一粒一粒ありがたく味わいました

お知らせ

暑中お見舞い申し上げます

00710055_free_4_4.jpg

<別名 上高地すいか>

今年は早い梅雨明けで 大変よろしい!アルプスはお花畑が美しいのだろうなア・・・

夏休みのお知らせです

8月8日から15日までお休みさせていただきます

上高地 中の湯 焼岳 西穂山荘 上高地 白骨温泉 大鹿村 花火大会

8日間のうち5日は湯川荘と右馬允で「昼寝と読書三昧」の しあわせ時間を過ごします

長いお休みで ご不便をおかけいたしますが 思いっきりリフレッシュして

休み明けの仕事に臨みます ご期待ください!!

プライベート

栴檀は・・・・

塔ノ沢の福住楼に行ってまいりました

道中 小田原を過ぎてから湯元駅への沿線は 沢山の紫陽花が咲き始めて

あと数日で見頃になりそうです

湯元駅から「ちもと」に寄り 明日のお土産用の蕨餅を予約して

まだ明るい初夏の夕方・・・緑滴るとは このことなのだなぁ・・美しいなぁ・ ・・

なんて気持ちが良いのだろう・・・一人ぶつぶつ云いながら宿へ向かいました福住楼初夏2.jpg

<栴檀の花>

お気に入りの部屋「桜の五番」で先に着いていたパートーナーと挨拶

窓の外にある栴檀の花に沢山の蝶々が舞っているのを しばし見とれていました

この季節に宿泊したことがなかったので栴檀の花を初めて?見たようです

お茶を一服してから 大丸風呂へ 外の明るい時間に風呂に入れるなんて最高の贅沢です福住楼 丸風呂.jpg

<緑がとけている大丸風呂>

川の音を聞きながら ゆっくりと夕食をいただいているうちに いつのまにか

湯坂山は薄闇のシルエットに・・・

24回目の結婚記念日は静かに更けてゆきました

 

お知らせ

雪焼け

栂池高原~白馬大池~白馬~大雪渓~猿倉ルートでGW登山をしてきました

3日間 完璧な晴天!!同行の友人の素晴らしい写真で報告を・・・と

思っていたら PCに写真をとり込めない不具合が生じ 未だ修理ができず

まいっております

4月からに新商品「nara helt naturligt ナーラ ヘルト ナチューリクト」

使用 販売を始めました イタリア発日本発上陸のオーガニックコスメです

修理終了次第 詳しくお知らせいたしますので しばらくお待ちくださいませ

それにしても山人生一生の不覚・・・日焼けしすぎた顔は3週間経っても

大変なことになったままです・・・とほほ

未分類

お世話になりました

少しゆっくり出勤させてもらったので家を出る時には すでに強い風は おさまり

あまりに陽射しが気持ちよいので 途中下車して多摩川の土手あたりでぼーっと・・・

したい・・・誘惑にかられました  もう もう 春です!

年々冬の寒さが応えるようになり それと共に健康への意識も高まって 身体は絶対に

冷やしてはならぬ!!と日夜 湯たんぽ・足湯・生姜湯云々・・

おかげ?で全く風邪もひかず冬を越えられました

からだを温める料理として この冬は鍋の頻度がいつも以上に多かったです

毎度のダイエットと洗い物の手間も省け しかも美味しい 最高のメニューだと思います

思いつくままに・・・(登場回数の多い鍋かな?)

湯豆腐  大根と油揚げに水菜 鶏団子と春雨中華風 きのこ鍋(豆腐 きのこ数種 葱

しょうゆ仕立て) 白おでん 鴨鍋 ポトフ これらを基本に具材は適当に変えれば

飽きずに食べ続けられます

白おでんは 殆ど練り物を食べないパートナーが考えたおでんで 大根 里芋

こんにゃく ゆで卵 はんぺんを 銀座のおぐら風の汁で煮たものです 

以前Ailaのシェフ境さんから教えていただいたポトフは 洗練されたベトナム料理のよう

骨付き股肉と 大きく切ったじゃが芋 人参 玉ねぎ 蕪を鳥ガラスープで煮て

食べる前に具を別皿にとり 鍋のスープでフォーを温め 具と汁を一緒に盛り付け

パクチーを乗せ 薬味にナンプラー 刻んだ唐辛子 ライムを絞っていただきます

この冬は本当に健康で美味しい大鹿村の野菜たち 白菜 人参 大根 じゃが芋

蕪 葱etc etcのおかげで豊かな食事が出来ました 「いつでも送っていいよ大作戦in

大鹿」の前島久美さん ありがとうーーーー!!

美味しい野菜の宅配便 「いつでも送っていいよ大作戦in大鹿」についてはFavoriteで

受付を行っております どうぞ お問い合わせください

それにしても 梅安と彦次郎の鍋をつつくシーン・・・あんなもにおいしそうな表現には

未だに出会ったことがありません 本を読んですぐに近所の荒物屋で小鍋を買った事を

思い出します 池波先生の「鍋の材料は多くても3種まで・・・・」まさに・・・ 

 

 

 

 

 

プライベート

大反省

今年1年の山登りの安全を しっかりとお願いして今日の幕営地 徳沢へと向かいます

初詣のあとは新年会!温かい鴨鍋 かも鍋・・かもなべ・・・

予定のコースタイムを大幅に超えているので急がなければ日が暮れてしまいます

そうなると待っているのは極寒の野外宴会 いやな予感がしてきました

今年1年の山の安全を祈願して・・・

(穂高神社)

♪ ヘルプ ♪

(♪♪Help♪♪ 4人はアイドル)

気がつくと 空には天気の崩れる証の雲が・・・カナリヤバイ?とにかく急げや急げ・・・・

ようやく到着した徳沢のテントサイトを見て愕然!!

完璧に深雪状態で他のテントを張った跡が全くないのです 

これはとてもやっかいな事で 何故か!と申しますと幕営跡がある場合は

しっかりと雪が固められているため すぐにテントが張れるのですが この状況では

テント3張分を踏み固めなければなりません 積雪は腰まであろうかと云う状況で

かなり体力と時間を必要とされるからです

なんとか整地をしてテントを張り内部の整理を終えた時 すでに陽は沈んでしまいました 

いつも行動の早い増田氏が一人奮闘して鴨鍋の準備をしてくれていたので 

すぐに食事が始められたのは助かりました 

いやーっ!!うめえーーっ!!と最初の一口は感動したのですが

急速に気温が下がり始め コッヘルに取り分けた鴨肉を食べているそばから

汁がぬるくなってしまいます 登山靴をはいているのに爪先までキンキンに冷えきって

宴会どころではありません 早々に食べ終え片付けもそこそこにシュラフに

もぐりこみました 身体が暖まるまで じっと身動きせずに自分の吐く白い息を見つめて

さらさらさらさらテントに当たる雪と風の音が次第に大きくなってくるのを聞きながら

「いよいよ明日は大変だぞ」と考えていました

しんしん と 冷えています

(しんしんと更けてゆく氷点下の夜)

夜半の凄まじい強風にあおられバタバタするフライシートの音と寒さのせいで

何度か目を覚ましました 4:30am起床 寒さのためしばらくシュラフから

出られなかったのですが勇気を出して撤収にかかりました 6:30am出発 

新雪がトレースを消してしまい 慎重にルートを探しながら膝までの雪をラッセルです

トレースを外れると股まで潜ってしまい消耗です 先頭の増田氏に感謝!感謝!

途中川原からの地吹雪を受けたり腰まで雪に埋もれたりきびしい所もありましたが

明神以降トレースがしっかりしていたので楽になりました 最後の力をふり絞って

釜トンネルを走るように抜けて 迎えに来ていたドライバーの倉田さんと再開 彼の

用意していてくださった熱い缶コーヒーが沁みました 沢渡の宿の立ち寄り湯に

浸かってようやく人心地・・・このお湯のために山に入っているのかも・・・

親切な宿の女将に山道具の宅配をお願いして松本駅へと向かいました

新年早々 大反省の山行でした

  

プライベート

初詣

トレースはしっかり踏まれていて心配していたラッセルは皆無です

梓川の化粧柳や周囲の風景に いちいち感激しながら明神に到着

ここは穂高岳神社の入り口で ザックを置いて初詣に向かいます

林の中は 私たちだけ しーん・・・と静まりかえっていました

 

明神に向かって

 

明神にて大休止

(明神岳)

プライベート

亀の子登山隊

先日「いったい、いつになったら上高地に着くのぉ」 とブログを読んでくださる

お客様からお叱りを受けました いやはや申し訳ございません

普段の山行でも ゆっくりなペースで歩いているけれど(遅いけどいくらでも歩けると

威張っていますが)進行が遅すぎました・・・その間東京にも雪が降り積もり 

肩の凝る寒さの毎日なのにブログの写真は雪景色ばかり・・・

そこで!!

DH000028.jpg

(夏山 お花畑 白馬岳周辺)

DH000015.jpg

(白馬大池にて 風に吹かれて昼下がり)

暖まった?ところで 先を急ぎましょう

帝国ホテル前を通過してほどなく上高地駐車場に到着 シーズン中は車と人で

溢れかえっているところですが今は ただの巨大な雪の広場

ザックをおろして湯川荘が用意してくださった おにぎりの弁当と

テルモスの蕎麦茶で中休止 冬山でのおにぎりは すぐに冷えて不味くなるので

歩き始めから懐にいれておいたので少しぬくもりが残っていて とても美味しく

いただけました 斎藤さんの心遣いに感謝 感謝です

ここまで順調に進んで皆元気で ひと安心 いよいよ上高地の奥に入ります

プライベート

万歳三唱

梢を離れた雪は、地面に落ちるまでの間 空中で再結晶したかのように

美しい六角形のままです。 蒼みがかった白いトレールを進む中

聞こえて来るのは、重い山靴の底で硬く締まった雪を踏む音と自分の呼吸だけ。

水と雪と木々の匂いを最高の配分でミックスさせた、山のかおりを

鼻腔の奥深くまで吸いながら 「あ~~俺のしたかった事は これなんだなぁ・・・

これを感じたくて今歩いているのだなぁ・・・」と、解放された嬉しさが

心の底からこみ上げてきて、前を行く仲間にポンポン雪玉を投げつけました。

大正池

(冬に紅く染まる化粧柳)

雪の中の帝国ホテル・・・風情があります

(上高地帝国ホテル)

木立の奥から 赤い屋根がみえてきました 上高地帝国ホテルです

モノクロの世界に ひときわ目をひく美しい建物 武田百合子氏にならって

一人で万歳三唱をしました

プライベート

まだまだ元気

釜トンネル前のゲートで登山届を提出して いよいよ出発

旧釜トンネルの時は暗く狭いうえに路面は凍結していて「いよいよ雪山に入るぞ」

と云う気構えが出てきたものでしたが 新しいトンネルは車の走っていないだけの

只の道路で歩きやすいのですが 冬の上高地への はいり口といった風情が

なくなってしまい わがままな登山者の郷愁なのですが・・・

歩いている間ずっと違和感がありました

トンネルを抜けると・・・

(トンネルをぬけると・・・)

焼岳と化粧柳

大正池

 

「大正池と焼岳」

プライベート

気分は上々

乗鞍岳

(白銀は招くよ・・・トニー・ザイラー)

翌朝は快晴!たっぷりの朝食とお言葉に甘えて淹れたてのコーヒーをいただいてから

出発です 斎藤さん ありがとうございました

ゲートまでの道中 乗鞍の雄姿や美しい峰々に見とれ テンションは上がる一方です

ゲート前にて入山準備

(ゲート前で入山準備  テロリストの様?)

釜トンネル入り口

(釜トンネル入り口 いざ突入!)

 

プライベート

ぬくぬく・・・

風情のある雪景色の露天風呂にじっくりと浸かって

心身共ふにゃふにゃ状態でこたつに入り お茶と餅菓子で小腹しのぎ

京都で買った かま餅をいただきました(昼まで京都におりました・・)

昨秋京都に行ったおり タクシーの運転手に案内していただいて大好きになった

大黒屋鎌餅本舗の御鎌餅 やわらかで肌理のこまかい真っ白な餅で

上品な漉し餡を鎌の形にくるんでいる それはそれは おいしい餅菓子なのです

写真は食い気にはやり構図も何もなくなってしまっていますが 経木に包まれた姿

といい包み紙のデザインといい 町の人が普段から使っていたのだろうなぁ・・・

と思わせる温かみを感じました

 

 

 

創業400年 京都 大黒屋の鎌餅

 

                  (セロテープは付いたままだし・・・包み紙はしわしわ・・・)

一つづつ 経木に包まれています

             (移動中 つぶれてしまいましたが もっとすっきりと鎌の形です)

             「大黒屋鎌餅本舗」〒602-0803京都市上京区寺町通今出川

             上ル4丁目西入ル阿弥陀寺前町25 電話075-231-1495 

プライベート

白骨温泉

この日の宿は「山水館湯川荘」私たちのお気に入りの旅館です

斎藤ご夫妻の心のこもったおもてなしと気持ちの良いお湯にひかれて

お世話になっています

P1040009.JPG

                                   (湯川荘への専用のつり橋)

プライベート

初詣

昨年秋の終わり頃 山仲間から正月は「上高地の穂高神社に初詣をして

徳沢のテント場で鴨鍋の新年会をやろう」と誘いを受け 1月3日に松本駅で

待ち合わせた後 白骨温泉へ向かいました

静寂の白骨温泉

                                        (静寂の白骨温泉)

お知らせ

志・・・

昨日の寒さには参りました

どうしてもの用事以外は家にいるぞと 決め(誰も何も言いませんが)

午前中 日吉で週1のレッスンのあとは家で風呂掃除 アイロン掛けをすませて

いただいた大量のじゃがいも(きたあかり・男爵・メークイーン)が

芽を出し始めてしまったので 肉じゃがを作りました 

夕食に 昨年購入した「かまどさん」で玄米を初めて炊くことにしていたので

玄米には 切干大根 ひじきの煮物 肉じゃが 焼き魚でしょう!と

云うことで これまたいただき物の五島列島の干物2種の解凍準備と玄米を水に浸して

防寒フル装備 ブレスサーモのTシャツ カシミヤTシャツ とっくりセーターにもこもこ

ダウンベスト 下はブレスサーモのタイツに分厚い山用ウールソックスにジーンズ

ムートンの帽子と手袋で代官山の整体に出かけました

3週間ぶりに身体中を緩めていただいたおかげですべての細胞がシュンシュンと

活動し始めまたせいか まったく寒さを感じず帰宅しました

それにしても前回の ブログの更新が「年頭の誓い」とは・・・・

とほほ的 志の低さに 情けないやら 恥ずかしい・・・やら・・・ 

お知らせ

今年もよろしくお願いいたします

旧年中は大変お世話になり ありがとうございました。

本年も どうぞよろしくお願いいたします。

・・・ずぼらな性格もここまできたか・・・もう松もとれると云うのに今頃新年のご挨拶・・・

申し訳ございません 

今年こそ もう少しまめに更新してまいります (年頭の誓い)